酵素サプリを飲むことで、便通がよくなった、疲れにくくなったと感じる製品もあれば、何も感じられない製品もありました。製品によって質が違い、変化を実感するためには選び方が重要です。
私が酵素サプリを選ぶときには、次の4つの点に気をつけています。

1つめは材料の数です。
酵素は熱に弱い性質があり、48度以上の熱を加えると多くの場合、酵素活性が失われてしまいます。製造段階で加熱をしている製品がほとんどなので、活性化している酵素をサプリメントでは摂りにくいと思われます。
しかし、中には熱に強い酵素もあります。酵素サプリは、野菜・果物・海藻・穀物・きのこなど、いろいろな原料を発酵させたエキスを使用しています。さまざまな原料を使用していれば、その中に熱に強い酵素が含まれている可能性があります。
また、さまざま原料を使用していれば、ビタミンやミネラルが多く含まれているとも考えられます。ビタミンとミネラルは、代謝や体のバランスを整えるために必要な栄養素です。

2つめの気をつけていることは食品添加物です。
サプリメントを製造するためには、粉末が製造ラインで詰まらないようにしたり、錠剤に固めたりするために食品添加物が使われることがありますが、体にとっては必要ないものです。余計なものを摂取していると、余計なものの排泄にエネルギーが使われてしまい、代謝に影響を与える可能性があります。そのため、できるだけ食品添加物を含まないサプリメントを選ぶことが望ましいです。

3つめは飲みやすさです。
酵素サプリには錠剤やカプセルのタイプがあります。錠剤の場合は味がして独特の味で飲みにくく感じる製品があります。1粒が大きいものだと飲み込みにくいです。続けるためには飲みやすさが大切なので、味や大きさに気をつけています。

4つめは価格です。
サプリメントは医薬品とは違うので、数日飲んだだけで大きな変化を実感できるものではありません。続けることで変化が期待できるので、続けやすい価格のものを選んでいます。